Home    
Home >
   

デザイン画と途中段階のマーブルリング 高温で溶かした金属を自社工場で混合 20回におよぶ圧延で、地金の質と硬度を上げる 圧延した地金板からベースリングを打ち抜く リングをのばす調整で、地金の強度が決定する
手作業でひねりを加える、マーブル部分の加工 ねじった金属棒を、平たいリボン状にする ほどよい厚みになるまで、ローラー圧延を繰り返す ロー付けをしてリング状になったマーブル部分 溶圧着したリングを、デザイン画の形に削り出す
ダイヤモンドをセットするための穴を開ける ダイヤモンドのセッティングも丹念な手作業で リングに表情と個性をプラスする表面加工 レーザー刻印でよりパーソナルな雰囲気を演出。 バランスを見るため、ペアリングは必ず一緒に検品





Copyright2009 HOTTA CORPORATION ALL rights reserved.