Home    
Home >
   
   

Bogenbrucke - ボーゲンブリュッケ(独自の内甲丸)
日常的に使用する結婚指輪は、デザインや造形美以外に、耐久性や着け心地といった機能性も重視されます。EWBは、鍛造製法により耐久性の高さを実現し、独自の内甲丸、「Bongenbrucke(ボーゲンブリュッケ)」によって着け心地の良さを追求しています。
内甲丸とは、リングの内側に指馴染みよく付けられたカーブを指します。EWB独自の内甲丸「Bongenbrucke(ボーゲンブリュッケ)」は、高密度な地金の滑らかさとコンピュータ制御による曲線の削り出し、そして熟練した職人による仕上げにより、他では真似できない程の指馴染みの良さで、最良の着け心地を実現しています。

*Bogenbruckeとは、ドイツ語でアーチ橋を意味します。フォルツハイム郊外にあるBogenbruckeは、素朴な石造りでありながら、弓なりの美しいアーチを持つ橋です。
*EWBの内甲丸の形状を当社独自に「Bongenbrucke(ボーゲンブリュッケ)」と称しています。



※写真はイメージです。






Copyright2009 HOTTA CORPORATION ALL rights reserved.